(産業・医療)

経営顧問・経営支援

高度に複雑化した現代の経営環境において、経営には気軽に相談できる経営顧問をはじめとする外部アドバイザーが必要です。問題や課題を直視し、そうしたアドバイザーと共に考え、客観的且つ的確なアドバイスを得ることで、マネジメントチームに一層の自信と行動力が生まれます。これがWATSONのめざす経営顧問・経営支援サービスです。

​経営戦略支援

WATSON の経営戦略支援は、バランス・スコアカード (BSC: Balanced Score Card) 理論に基づく実践的なコンサルティングです。バランス・スコアカードとは、ハーバード・ビジネススクール教授のロバート・キャプランとコンサルタント会社社長のデビット・ノートンが1992年にHarvard Business Review で提唱した戦略的経営システムです。その実装は一般的に次の4つのポイントから構成されます。

❶ 経営 Vision を、実現可能な目標に置き換えて解釈できるようにする。

❷ Vision について議論し、個々の業績目標とリンクさせる。

❸ ビジネスプランを立案する。

❹ フィードバックと学習により、経営戦略に適宜修正を加える。

また、経営戦略・経営ビジョンを4つの視点(財務の視点・顧客の視点・業務プロセスの視点・人材と変革の視点)で分類し、各視点ごとに目標、業績評価指標、ターゲット、具体的実践計画やプログラムを設定します。​これら4つの視点を継続的に評価・測定することで、目標達成に向けた着実な行動が可視化されます。

また、個別の経営課題改善や全般的経営支援のご相談もお受けしております。

​どうぞお気軽にご相談ください。

​営業力強化支援

営業力は企業の生命線です。どんなに製品が良くても営業力がなければビジネスは成り立ちません。販売チャネル(代理店等)を経由した間接販売のビジネスモデルでは代理店への営業教育も不可欠です。個々の営業担当者の営業スキルを高め、同時に営業組織として効果的に機能するマネジメントのあり方を常に探究してゆくことが重要です。また、ターゲットとする市場に対し効果的なメッセージを届け、市場での露出度と認知度を持続的に高めることも忘れてはなりません。WATSONの営業力強化支援サービスは、独自のメソッドを用いた営業力強化プログラムにより営業担当者のスキルをアップさせ、営業組織全体で営業プロセスと営業アクションを共通化することで、営業組織のマネジメント精度を高め、会社全体の営業力を向上させます。また、マーケティング活動と営業活動との関係性を高めることで、営業とマーケティングのシナジー効果を生み出します。

​IT戦略支援

WATSON のIT戦略支援は、情報システム構築の全般的なアドバイスから、プラットフォーム構築、アプリケーションやデータベース、さらには情報セキュリティやデータガバナンスなどにわたる広範囲なものです。

IT戦略は先述のBSC理論における業務プロセスの視点にあたります。情報システム(IT)は専門家の領域だから、と担当役員や管理職に任せきりにしている経営者も散見されますが、ほぼすべての業務がIT化されている現代においては、社内業務プロセスの中核を担うものであり、カスタマーリレーションシップやカスタマーサービス全般のレベルを維持・向上させる上できわめて重要です。

​ゆえに、IT戦略にも数値目標や具体的な業務目標は必須であり、BSC理論における「顧客の視点」や「財務の視点」と密接につながっています。その点から、IT戦略は経営戦略の重要な一部ととらえるべきものであり、産業界、医療界など各方面における重要性は論を待ちません。

    バランス・スコアカード    

(Balanced Score Card)

4つの視点

お気軽にご相談ください。

WATSON Coaching & Consulting Group は、

企業の競争力向上とビジネスリーダーのスキルアップをサポートしています。